キャンディークラッシュのトラップ一覧

キャンディークラッシュのトラップは
ブロッカーとも呼ばれます。

トラップは巻きリコリスや
爆弾のような例外をのぞき、
動かすことはできません

トラップを消すためには
キャンディーのようにマッチさせたり
隣接するキャンディーをクラッシュさせたりと
その種類によって
有効な方法が異なります。

さらに、カラーボムやストライプキャンディーなど
無敵と思われるスペシャルキャンディーが
効かないトラップもあります。

なかなか壊れないトラップに
イライラすることもありますが、
トラップはただ壊せばいいというものではなく
巻リコリス、マーマレード、アイシングなどを
チョコレートの増殖防止に
使用する方法もありますし、
逆にチョコレートを増やして
爆弾を飲み込ませてしまうやり方もあります。

トラップをいかに効率よく壊せるか
上手に使えるのかによって
ステージ攻略の可能性が
大きく変わります。

それでは
キャンディークラッシュには
どんなトラップがあるのか
その特徴を詳しく見ていきましょう。

 

 

▼キャンディークラッシュのトラップ攻略法

 

  Regular_Icing

アイシング

白いクリームのような形状。

ホイップ、メレンゲ、クリームとも
呼ばれます。

消し方は

隣接するキャンディーを消すか、
ストライプ、ラッピングキャンディー
使います。

カラーボムは効果がありません。

下に何があるのか壊してみるまでわからないので
せっかく消してもゼリーが隠れていることもあります。

 

Liquorice_Lock

リコリスロック

キャンディーや爆弾を
対角線上に縛るように
固定しています。

と呼ばれることが多いです。

消し方は

固定しているキャンディーあるいは
爆弾と同じ色とマッチさせるか、

ストライプ、ラッピングキャンディー
使います。

カラーボムは効果がありません。

ただし、壊すのはロックだけで
中のキャンディーや爆弾は
消えません。

ロックが解けると、
残ったキャンディーや爆弾は
移動できるようになります。

 

Chocolate1

チョコレート

ひとつでも残すと
どんどん増殖して
隣接するキャンディーを
チョコレートにしてしまいます。

特に嫌われ者のトラップと言えます。

爆弾もキャンディーも
見境なく包み込んでしまうので
ありがたいときもありますが
そのままにしておくと
ボードがチョコレートだらけになってしまい
身動きがとれなくなります。

すべて消してしまうと新たには出てこないので
早めに消しておくのがよいでしょう。

消し方は

隣接するキャンディーを消すか、
ストライプ、ラッピングキャンディー
使います。

カラーボムは効果がありません。

リコリスロックやアイシングで
ブロックされて増殖できないときは
すぐには解放しないほうが
攻略しやすくなる場合もあります。

 

Marmalade-0

マーマレード

一見、ゼリーに似ていますが
ゼリーよりも凸凹感があります。

何よりも
ストライプキャンディーや
ココナッツホイールなどの
お役立ちアイテムが透けて見えるのが
ゼリーとの大きな違い。

マーマレードを壊せば
これらのアイテムが使えるというわけです。

お邪魔トラップというよりは
お助けトラップと言えそうですね。

ただ、このお役立ちアイテムは
あるとラッキー!というよりは
これがないとそのステージを
攻略できない場合がほとんど。

余裕があったら消しておこう、ではなく
消すのがステージ攻略の第一歩、と
考えておいたほうがよいでしょう。

マーマレードの消し方は

隣接するキャンディーを消すか、
ストライプ、ラッピングキャンディー、
カラーボムを使います。

 

Liquorice_swirl

巻きリコリス

黒くて四角い蚊取り線香のような
形状をしたトラップ。

単にリコリスと呼ばれることもあります。

キャンディーのように移動可能

消し方は

隣接するキャンディーを消すか、
ストライプ、ラッピングキャンディー
使います。

ただし、ストライプで消えるのは
1つだけ。
1つ消えたあとはストライプの効果が
なくなってしまいます。

つまり、複数並んだ巻きリコリスの列に
ストライプキャンディーを発動させても
最初に当たった1つだけが消えて
あとの残りは残ってしまいます。

カラーボムは効果がありませんが
カラーボム×カラーボム
消すことができます。

 

Candy_Bomb_Green

爆弾

ボム、キャンディー爆弾とも
呼ばれます。

移動回数が1つ減るたびに
カウントダウンしていき、
数字が0になると爆発して
そのステージは終了してしまいます。

チョコレートに次いで
嫌われ者のトラップですが
消すと高得点が得られるので
クリア条件の最低スコアが高い
ステージでは役立ちます。

消し方は

キャンディーと同じように同色を3つ揃えるか、
ストライプ、ラッピングキャンディー、
カラーボムを使います。

トラップにしては珍しく移動できるので
キャンディーと同じ感覚で
マッチして消していきましょう。

カラーボムで消すと
高得点が得られます。

この場合、必ずしも爆弾とマッチさせなくても
爆弾と同じ色をカラーボムで消すだけでよいので
難易度はそれほど高くありません。

 

Icingfb

多層アイシング

ホイップ容器、カップケーキとも
呼ばれるのがこのトラップ。

何層にも重なっていて
なんどもクラッシュさせないと
壊れないアイシングのこと。

層の厚さは最大で5つ。

つまり5回クラッシュさせないと
除去できないしつこいトラップです。

さらにその下にゼリーが隠れている場合もあり
こうなると壊しても壊しても
きりがないと感じることも。

消し方はアイシングと同じ

隣接するキャンディーを消すか、
ストライプ、ラッピングキャンディー
使います。

ただし、層の厚さの分だけ
周囲を消すか、ストライプキャンディーを
あてる必要があります。

ラッピングキャンディーは
2回クラッシュするので
最も有効ですが、作るのが大変ですね。

なお、カラーボムは効果がありません。

 

Chocolate_spawner_animated

チョコレート製造機

厄介なチョコレートを
延々と作り出すトラップ。

壊せないので、
増え続けるチョコレートを
どんどん消していくしかありません。

チョコレートが何もないときは
キャンディーなどを2回移動すると
2回めの移動のあとに1つ
チョコレートが出現し、
そのあとは1回移動するたびに
1つずつ隣接して増えていきます。

つまり、いったん全部のチョコレートを消しても
2回移動すると、また新しいチョコレートが
生産されてしまいます。

チョコレートは全部消すと
それ以上は出てこないトラップですが
このチョコレート製造機のあるステージは
消しても消してもチョコレートが
どんどん量産されていくので
チョコレート消しだけに移動回数を
使い過ぎないようにします。

 

Cake_Bomb

ケーキ爆弾

2×2の4コマ分を使った大きなトラップ。

壊すまで手数はかかるものの、
全部壊したときには
ボード上の全キャンディーを
クラッシュさせてしまうという
破壊力を持ちます。

ケーキ爆弾のケーキは8つのピースに
切り分けられていて、
隣接するキャンディーを消すたびに
ピースも消えていきます。

8つのピースがすべて消える
パーティクラッカーが出てきて
ボード全体を吹き飛ばします

キャンディーはすべて消え、
多層アイシングや濃いゼリーは
1層分だけ消えます。

そのあと新しいキャンディーが落ちてきて
またボード全体にキャンディーが
配置されます。

 

Evilanimated

マジックミキサー(時計)

時計の文字盤のような形のせいか
「時計」と呼ばれることもありますが
本来の名前は「Evil Spawner」。

チョコレート製造機は
「Chocolate Spawner」ですから
トラップ製造機とでも
呼ぶのが正しいように思います。

時計のように針らしきものが
ぐるぐる回っていて
移動するたびに
どんどん早くなり
文字盤中央のピンク色も
どんどん大きくなっていきます。

3回移動すると発動して
その周囲をさまざまな
トラップに変えます

発動したあとは
最初の状態に戻り
また3回移動するたびに
トラップを増やします。

このマジックミキサーで
作り出されるトラップは
マーマレード、
巻きリコリス、
リコリスロック、
チョコレート、
爆弾、
アイシング
と、実にさまざまです。

そして、チョコレート製造機と違い、
マジックミキサーは
壊すことができます

隣接するキャンディーを
クラッシュさせるか、

ストライプキャンディー、
ラッピングキャンディー、
ロリポップキャンディー、
クラッシュティース
ダイレクトにダメージを
与えることができます。

下にゼリーがある場合は
ゼリーフィッシュも有効です。

ただし、マジックミキサーを
壊すためには、これらの操作で
5回ダメージを与える
必要があります。

マジックミキサーが壊れると
周囲24個、5×5の
クラッシュが起こります。

 

 

Popcorn_blocker

ポップコーン

ポップコーンについては
以下で詳しく解説しています。

⇒ キャンディークラッシュ ポップコーンとは

 

Cameleon_Candy_Icon

カメレオンキャンディー

別名「レインボー」または
「レインボーキャンディー」とも呼ばれます。

キャンディーの上に虹がかかったようになっていて
普通のキャンディーのようにマッチして
消すことができます。

このキャンディーは
移動のたびに色が変わるのが特徴。

ただし、色が変わると次の移動には
元の色に戻ります。

つまり、2色交互に変わるので、
一度その変化がわかれば
次は何色に変わるのかがわかります。

どの色が何色と交互に変わるのか
メモするか記憶しておけば
それを利用してキャンディーを消したり
スペシャルキャンディーを作ったり
することができます。

逆に、何色に変化するか把握していないと
思わぬ連鎖や誤爆に
手を焼くことになります。

トラップというよりは、
ちょっとした仕掛けと言えそうです。

 

Five-layered_Chest_Degrader

シュガーチェスト

シュガーチェストは
スペシャルキャンディーや
アイテムを格納している
入れ物です。

チェストというからには
箱と訳したほうが
よいのかもしれませんが
箱というよりは
壺のように見えます。

このシュガーチェストを
開けるには
シュガーキーが必要です。

シュガーキーは
最初からボード上に
配置されている場合も
ありますが

キャンディーキャノン
(ディスペンサー)から
落ちてくる場合や

シュガーチェストの中に
入っている場合も
あります。

キャンディーと同じ色が
ついているので
マッチングさせて
シュガーチェストを
開けます。

シュガーチェストは
アイシングのように
5層までレイヤーがあり
レイヤーの数だけ
シュガーキーを
マッチングさせなければ
なりません。

つまり
5層のシュガーチェストを
開けるためには
シュガーキーが
5つ必要ということです。

シュガーチェストは
移動できず
ストライプキャンディーや
カラーボムなどの
スペシャルキャンディーでも
開けることができません。

たとえば
シュガーチェストの中に
ゼリーが入っている場合、
ゼリーフィッシュは
その中のゼリーを
食べることができません。

ゼリーを消すためには
シュガーチェストを
開けるしかないのです。

 

 

——————————————————–

除去に手こずるトラップもありますが
このページを参考にして
ステージ攻略をすすめていきましょう!

 

こんな記事もよく読まれています:

↓スポンサードリンク